お金借りる至急 | ネットでお金を借りる方法

初めての方でも、申込から借り入れまでとてもスムーズに手続き可能です。安心できる大手のサービスの中で申し込みが簡単なサービスを厳選!特にプロミスは最短1時間でお金を借りることができます!

わかりやすい3項目で3秒診断!!

◎→プロミスの詳細

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>


わかりやすい3秒診断が便利!!!

プロミス

なんと最短1時間融資で借り入れ可能なのが大手のプロミス。その手続の素早さには定評があります。

 

30日間無利息サービス

メールアドレス、Web明細利用の登録で、30日間の無利息サービスを利用することができます。申し込みはインターネットから契約手続きを完了することで、来店不要で借り入れ可能です!

 

◎→プロミスの詳細はこちら

 

事前診断 融資まで 実質年率
簡易3秒診断 最短1時間 4.5%〜17.8%

 

 

当サイトの1番のオススメ安心カードローンはプロミスとなっています。
カードローンを比較した中で、スピーディーさと金利面や30日間の無利息サービス(※)、コンビニATMの対応度などの利便性から当サイトの1番人気の借入先となっています。(※詳しくはプロミス公式サイトを御覧ください)

 

 

 

 

初めてのカードローンで借りたい!迷った時には比較検討を

スピード重視で借入したい

カードローンを利用したい時、それが初めての経験ならば何処の会社を選択するべきか迷う事でしょう。利用する金融機関の選択には、それぞれの会社のカードローンの内容を知る事で比較検討をする事ができます。そうする事によって自分の目的に最も合ったカードローンを選択する材料になります。

 

金融機関で借入れの申込みをした後には必ず審査が行われます。その為に必ずしも借入を希望している金融機関の審査が通るとは限りませんが、それでも過去においての金融事故が信用情報機関の記録に載っている事もなく、安定した収入のある方ならば概ね審査に通過をする事が可能となっています。

 

主婦や学生、そして年金で生計を立てているという方でも審査に通る可能性は高いですが、それでもより確実に借りたいという場合には、銀行のカードローンの方が利用限度額が低くなる可能性はあるものの審査には通りやすいという事が言えるでしょう。

 

ところで銀行カードローンと消費者金融のカードローンの違いとは何でしょうか?

 

 

カードローンにおける銀行と消費者金融の違いとは?

カードローンを比較する時、銀行と消費者金融とでは様々な違いがある事に気が付くでしょう。まずは金利についてですが、銀行カードローンの金利は3.0%から14.5%となっています。一方消費者金融の金利では4.5%から18.0%となっています。最低利率である銀行の3.0%と消費者金融の4.5%ではそれ程違いがないように感じるかも知れませんが、最高利率については3.5%もの開きがあります。
(参考↓)

  1. 最低利率について
  2. JAの最低保証予定利率

 

一般的には100万円を超えない借入の場合には、どの金融機関でも最高利率が適用される場合が多く、初めての利用ならば尚更その可能性が高くなります。金利のみを考えるならば銀行のカードローンの方が明らかにお得と言えます。
一方、銀行の方が消費者金融よりも金利が優遇されている反面、低金利でお金を貸してくれる分審査の厳しさは高いと言えます。それは低金利で貸している為にきちんと返済をして貰えない事になると困る為に、銀行側は貸し倒れのリスクを回避するという意味でも審査を厳しくしているという事です。その事から考えると、やはり消費者金融の方が金利が高い分審査に通りやすいという事が言えます。

 

また午後2時頃までに申し込みが完了した時には初回の利用では振込みによる借入が可能となりますが、即日融資をしてくれる会社が多いのも消費者金融の特徴と言えます。銀行では一部の会社が即日融資に対応をしているというのが現状です。

 

大きな金額を借りたいならば銀行カードローン

借入限度額が多いのも銀行の方で、消費者金融が300万円から500万円であるのに対して、銀行では500万円から1,000万円というお金が借入れ可能となっています。
銀行は総量規制の対象外であるという事を考えると、より多くのお金を借りられるのは銀行であると言えます。

 

初回の融資で借入れができる金額はそれ程大きな金額でない場合が多いですが、消費者金融が初めての利用で30万円から50万円が限度であるのに対して、銀行では初回から100万円を借りる事も可能という事です。

 

少しでも早く至急お金を借りたいならば消費者金融で少額借入を

消費者金融では申込み後に直ぐに審査が開始され、初めての利用の場合には振込みキャッシングとなる事が多い為に即日融資が可能になります。
それでも借入れ申込み金額が50万円を超えてしまうと収入証明書類の提出が必要になり、書類を用意する為に時間が掛かる可能性も出て来ます。その事を考えるならば10万円程度の少額での借入れ申込みをする事で、無駄な時間を掛ける必要がないばかりか審査に通りやすくなるとも言えます。

 

パソコンやスマホを利用して消費者金融でお金借りれるネット申込み

 

ネットでお金借りる方法の画像

消費者金融の申込みと言えば、インターネットが普及する前は直接店舗や自動契約機まで出かける必要がありましたが、今ではネット上でパソコンやスマホ・携帯で申込みからお金を借りる、借入れまでの手続きが完了する事ができるようになっています。何処に居てもどんな時間でも契約の申込みができるのは、ネット申込みの最大のメリットと言えます。

 

昔は近所の人や知人に消費者金融の店舗や自動契約機コーナーに入る所を見られるのではないかと利用を躊躇してしまった人もいたと思います。その頃の事を考えると今はとても便利であり、気軽に利用をする事ができるようになっています。

 

 

【消費者金融で選べる申込み方法】

 

消費者金融での契約申込みの方法は、ネット申込みの他にも電話や店舗窓口、自動契約機、郵送等の方法が選べます。申し込む人の都合や利便性に合わせて申込みができるようになっています。

 

申込み方法によって借入れまでの時間が違って来ますので、早く借りたい場合はネット申込みをしてからネットキャッシングか自動契約機へ行ってカード発行かのどちらかの方法を至急選ぶと良いです。

 

 

【ネットによる消費者金融の即日申込みの流れ】

 

ネット申込みをすると借入れまでをネット上で完結する事ができます。申込みが済むと申込み完了メールが届きます。その後業者が勤務先に本当に申込者がそこで働いているのかを確認する為に在籍確認の電話を掛けますが、電話は個人名で掛かるので安心です。

 

その後書類の提出を依頼するメールが届きますので、デジカメ画像かスキャナに取り込んだ画像をメール添付やアプリを利用して送信します。
その後契約確認の電話が業者から掛かって来るので、契約内容についての確認をする事になります。

 

その後「契約内容事前確認のお願い」のメールが届きますのでメールに承諾をすると振込みが実施されます。

 

この方法では、ネットで完結をする事ができるので、自動契約機へ出掛けて行く必要は有りませんが、振込みに間に合わないと翌営業日扱いになってしまうので、その場合には自動契約機でカードを発行してATMでもキャッシングをする方法を選択する事もできます。

 

ネットで申込みをする事で、振込みによってキャッシングする方法と自動契約機によるカード発行のどちらかの選択が可能になります。

 

 

【ネット利用をした時は書類の送付に注意】

 

消費者金融で借入れをした時、その金額や残高の詳細を利用者に知らせる事が法律で義務付けられています。その為に利用時に明細書を発行する事ができない場合には後から明細書が発行される事になり、ネットキャッシングの場合は明細が郵送される事になります。

 

プロミスで借入れをした場合には、Web明細を利用する事で、明細書の郵送がされなくなります。それでもアコムでは明細書を郵送しているようなので、利用する消費者金融によって明細書の取扱いが異なるという事になります。
家族に内緒にしたい借入れを考えている時には、明細書の郵送についてチェックをしておく必要があります。

 

また、ATMによる借入れならばその都度利用明細書が発行されるので、郵送はありませんので気になる時にはATMでのカードキャッシングがお勧めとなります。

 

ネットでお金を至急借りる方法まとめ

ネット申込みは場所や時間を選ばない事で、便利な申込み方法と言えます。申込み方法もいくつかあるので、都合により選択をする事ができます。それでもその場合には借入までの時間が違って来ます。

 

ネットキャッシングの際には利用明細書が送付されるので、都合が悪いという場合には郵送をされない消費者金融を選ぶか、ATMで借入れをすると良いです。

銀行カードローンでお金を借りるメリットと気を付ける点

銀行カードローンにはさまざまなメリットがありますので、カードを持っておくといざという時に便利です。

 

消費者金融と比較すると、金利や限度額といった条件面ではやや有利な傾向がありますし、総量規制を気にする必要もありません。

 

ある程度の金額の借入までは収入証明書が不要であるというケースが多い点も、面倒な準備をしなくても済みますので、非常に便利です。

 

銀行カードローン借入のメリット

 

銀行でお金を借りるメリットのイメージ

これらのメリットの中で特に注目すべきところは、金利が低めであるという点でしょう。

 

もちろん、全ての銀行カードローンが同じ数字ではありませんので、銀行毎にその数字は上下しますが、多くの銀行が消費者金融よりも数%程度低めとなっています。数%の違いとはいえ、借入金額が大きかったり返済期間が長かったりすると、支払う利息の差はかなり大きなものとなります。

 

返済の負担を減らしつつ無理なくカードローンを利用するためには、金利が低いところを選ぶ方が良いはずです。ただし、借入金額は小さめで、かつすぐに返済する見込みがあるというような人であれば消費者金融の無利息サービスを利用した方がお得になるケースもあります。

 

銀行カードローンの審査

銀行カードローンにはメリットもありますが、気を付けておくべき点もあります。まずは、いくら銀行カードローンを利用したいと思っても、審査を通過しなければ利用することはできません。

 

銀行の審査は、提携している保証会社を活用して行っており、例えば三菱東京UFJ銀行ならアコムと提携しています。とはいえ、アコムと同じ審査内容ということではありませんので、三菱東京UFJ銀行では落ちてしまったけれども、アコムに申し込むと通ったという事例もあります。

 

銀行でお金を借りるための審査は厳しいという声をよく聞くことがありますが、消費者金融と比べると審査に落ちるということは多いようです

 

借りたお金の引き出しと取り立て

銀行カードローンでお金を引き出す際には、当該銀行の口座を保有していなければ振込できないといったケースがありますので、注意が必要です。

 

一方で返済については、銀行振込や口座振替、ATMが利用できるようになっていることがほとんどです。また、返済が遅れてしまうということはあってはならないことですが、万が一遅れた場合の取り立てについて気になる人もいるはずです。

 

取り立ては定められたルールに沿って保証会社が行いますので、テレビドラマや映画で見るような酷い取り立てをされることはありません。ただし、最終的には裁判を起こされて給料を差し押さえられるということもありますので、早い段階で返済をすることが重要です。

 

銀行カードローンでお金を借りるまとめ

銀行カードローンは、金利や限度額の条件面が消費者金融よりも有利であることが多く、総量規制を気にする必要もありませんので、メリットが多く便利ではありますが、一方で審査の厳しさなど注意すべき点もあることを説明します。

更新履歴