リボ払いについて:元利定額返済と元金定額返済

 

即日キャッシングやカードローンでの借金を返済するには、リボ払いで返すのが一般的ですが、リボ払いにはいくつもの種類があり、正直ややこしいです。
このタイトルも漢字一文字しか違いません。

 

金融業者によって呼び方が違っていたり、名称がよく似ていたりして難しく聞こえます。

 

大きな違いは、「定額」と「定率」の違いと、
「元利」と「元金」の違いです。

 

よく大手消費者金融での返済方式として採用されている「残高スライド」の意味は、借入残高によって返済額が変動する(スライド)ということです。
リボルビング方式はリボルビング払いを略してリボ払いと聞けば、耳にしたことがありますよね。

 

定額と定率どう違う?

 

漢字一文字違うだけなのですが、
定額・定率の「定」の字は同じで、固定するという意味で見てみると、
額面を固定するのが「定額」で各回の返済額を固定します。

 

割合を固定するのが「定率」であり、各回の返済額を、
借入残高の何%、と固定されます。

 

大手消費者金融では「定額」方式での返済となる業者が多いです。

 

「定額」はキャッシングでは均等と同じ意味にとられますので、
「元金定額返済」と「元金均等返済」は同じ意味と考えてください。
消費者金融のホームページでは「定額」という表現が多く見られます。

 

元利と元金どう違う?

 

〈月々の返済額の違い〉

元利定額方式(元利均等方式とも呼ばれる)では、月々の返済額が一定額に固定され、利息は返済額に含まれています。

 

たとえば毎月4,000円の返済額なら、利息分1,500円が含まれているので、借金の元金への返済は2,500円といった具合です。

 

元金定額方式(元金均等方式とも呼ばれる)では、借金の元金への返済部分をたとえば4,000円と一定額にし、そこへ毎月の利息を足した金額がその月の返済額となり、利息15,00円を足し、5,500円がその月の返済額になる、という仕組みです。

 

〈元利と元金で支払い総額も違ってくる?〉

元利定額方式では、利息が返済額に含まれているため、各回の返済額が一定額になっている中で、返済し始めたばかりの時期は利息分の割合が大きく、返していくうちに徐々に元金の割合が増えていきます。

 

各回の返済額が一定のため、返済計画の見通しは立てやすいですが、上記のような例で比べるなら、各回の返済額は初めのうちは元金定額方式より小さいですが、利息の支払総額が大きくなります。

 

元金定額方式では、元金の返済分が毎回一定であり、利息が徐々に少なくなっていく感じです。借入当初の各回の返済額は、元利定額方式より多いですが、利息の支払総額は小さくなります。

 

金融業者によって返済方式は決まっていますから、自分で選んだり変更したりはできません。
各回の返済額がいくらで、返済に何ヶ月かかり、最終的にいくら支払うのか把握しましょう。

 

 

*概要
リボ払いには種類がいくつもあり大きな違いは定額・定率、元利・元金の違いです。定額は各回の返済額を固定すること、定率は各回の返済額が借入残高の何%という割合を固定する意味です。元利定額は、利息が含まれた上で返済額が定額ということで、元金定額は、元金返済分を定額にし利息を足して各回の返済額とします。